台場(読み)だいば

日本大百科全書(ニッポニカ)「台場」の解説

台場
だいば

東京湾内に築造された砲台(砦(とりで))跡。「おだいば」ともいう。1853年(嘉永6)、アメリカ艦隊の来航による江戸侵攻に備え、伊豆韮山(にらやま)の代官江川英龍(ひでたつ)(太郎左衛門)が築かせた海上の砲台で、1年3か月かかって第一~第七の砲台を築いた(第四、第七台場は未完成)。一つの面積は約3.3万平方メートル、周囲を石垣で巡らした方形で、出入口は江戸の方向にあった。現在は第三と第六の台場跡が残されており、1926年(大正15)史跡品川台場に指定された。第三台場跡は都立水上公園として1928年(昭和3)開設、園内に陣屋、火薬庫跡がある。1968年(昭和43)有明埠頭(ありあけふとう)完成により、第三台場は堤防で陸続きとなった。さらに、13号埋立地(江東(こうとう)区)の一部になり、お台場海浜公園内の第三台場公園となっている。1993年(平成5)首都高速道路のレインボーブリッジが完成、1995年東京臨海新交通「ゆりかもめ」開通後、東京臨海副都心の一部として急速に発展、高層住宅、小・中学校、テレビ局、ホテル、ショッピング・モールなどができた。その南方に、1974年開館した船の科学館がある。第六台場は小島として東京内にあるが未公開である。

[沢田 清]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「台場」の解説

台場【だいば】

江戸末期に江戸湾(東京湾)品川沖に築かれた砲台(史跡)。品川台場,お台場とも。現在は港区に属する。黒船来襲に備えて1853年―1854年江川太郎左衛門が設計。7砲台が築かれたが,第4・第7砲台は未完成,砲台は実戦には用いられなかった。東京港の築港に伴い,一部は埋立地,防波堤と連なり,一部は取り払われ,現在は第3,第6台場が残り,第3台場は史蹟公園となっている。1990年代に周辺の開発が著しく進み,レインボーブリッジが完成してゆりかもめや東京臨海高速鉄道が開通,お台場海浜公園一帯には住宅団地やホテル,放送局,ショッピングセンターなどが完成して,東京の新しい名所となった。
→関連項目一朱銀江川太郎左衛門港[区]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「台場」の解説

だい‐ば【台場】

江戸末期、海防の目的で要害の地につくった砲台。→品川台場
東京都港区地名東京港埋立13号地の北部を占め、臨海副都心を形成する。東京港の浚渫しゅんせつ土砂でできた13号地を、昭和57年(1982)に港・江東品川の3区で分割。一般に、分割された江東区青海・品川区東八潮も含め、13号地全域を「お台場」と呼ぶことが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「台場」の解説

だい‐ば【台場】

〘名〙 要害の地に土・石で築いて、大砲の台をすえつけたもの。砲台。特に、幕末、江戸品川沖に築かれたものをさしていう場合がある。→御台場
徳川実紀‐嘉永六年(1853)八月二八日「八月初旬非常、御手当の為に、品川海中之大筒台場十一ヶ所新規御築立仰せ出さる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「台場」の解説

台場
だいば

東京湾品川沖にある,江戸時代の砲台跡
御台場ともいう。ペリーの来航を機に,1853年江川太郎左衛門の献策により着工

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版「台場」の解説

だいば【台場】

江戸時代に築造された砲台のこと。とくに,幕府築造の東京湾品川沖の砲台を御台場という。1853年(嘉永6)ペリーの率いる軍艦が羽田沖まで進出したことに驚いた幕府は,再来日に備え,伊豆韮山代官江川太郎左衛門(英竜)らの献策により,8月,品川沖に11基の台場の築造を決定した。翌年にかけて5基が完成し,1基は中途で中止となり,残りは着手されることなく中止となった。おもに洋式の大砲が装備され,武蔵川越藩,陸奥会津藩等の大名警備を命じたが,実戦に用いられることはなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android