一粒の麦(読み)ヒトツブノムギ

大辞林 第三版の解説

ひとつぶのむぎ【一粒の麦】

〔ヨハネ福音書一二章。一粒の麦が地に落ちて無数の実を結ぶように、一人の犠牲によって多くの人が救われると説いたイエスの言葉から〕
人々のために進んで犠牲になること。また、その人やその行為。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一粒の麦の関連情報