コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一職 いっしき

大辞林 第三版の解説

いっしき【一職】

中世後期における土地所有の形態を示す語。先祖より相伝してきた土地、また、それに対する権利をいう。一跡。
「一職支配」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いっしき【一職】

土地に対する多種多様な権利((しき))を一元的に支配掌握すること。中世においては一枚の耕地に下作(げさく)職,作職,名主(みようしゆ)職,領主職などの多様な権利が重層的に存在したが,16世紀の畿内地方ではこれらの職を買得などによってひとつにまとめ,領主―作人の一元的な年貢収納関係を作り出す動きが顕在化した。またこれらの動きとは別に織田信長荒木村重羽柴(豊臣)秀吉など配下部将にまとまった地域を〈一職〉に充(あ)て行ったが,これはその地域内の給人(知行地を有する者)の軍事的指揮権,百姓からの夫役(ぶやく)徴収権と職人の動員権など軍事的統率権を与えたものと考えられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

一職の関連キーワード鮎川義介(あいかわよしすけ)同一価値労働同一賃金ピョートル(1世)クラフト・ユニオン技能五輪国際大会合同労働組合看護職員条約安土桃山時代コミュニティ職種別賃金少子化問題職能代表制ボードビル職業別組合労働組合集団検診星野知子土地所有横断賃率賃金統計

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一職の関連情報