コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一貴山銚子塚古墳 いきさんちょうしづかこふん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一貴山銚子塚古墳
いきさんちょうしづかこふん

福岡県糸島市二丈田中にある前方後円墳。全長約 100m,後円部の径約 60m,前方部の幅約 30mで,主体部は長さ約 3.5m,幅約 1.5m,高さ約 0.8mの竪穴式石室である。副葬品は鏡 10面,勾玉管玉,武器のたぐいで,鏡には 仿製の三角縁神獣鏡のほか鍍金を施した方格規矩四神鏡内行花文鏡が含まれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

国指定史跡ガイドの解説

いきさんちょうしづかこふん【一貴山銚子塚古墳】


銚子塚古墳(ちょうしづかこふん)〈福岡県〉

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

世界大百科事典内の一貴山銚子塚古墳の言及

【銚子塚古墳】より

…墳形の特徴を長柄の銚子に見たてた命名である。一貴山(いきさん)銚子塚古墳(福岡県),中道(なかみち)銚子塚古墳(山梨県)は特に有名である。
【一貴山銚子塚古墳】
 福岡県糸島郡二丈(にじよう)町(旧,一貴山村)田中にある4世紀後葉の前方後円墳。…

※「一貴山銚子塚古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一貴山銚子塚古墳の関連キーワード福岡県糸島市二丈田中方格規矩四神鏡二丈

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android