コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銚子塚古墳 ちょうしづかこふん

2件 の用語解説(銚子塚古墳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうしづかこふん【銚子塚古墳】

銚子塚と呼ぶ古墳は各地にあって,いずれも後円部の一側から前方部が低く細長く伸びた形の前方後円墳である。墳形の特徴を長柄の銚子に見たてた命名である。一貴山(いきさん)銚子塚古墳(福岡県),中道(なかみち)銚子塚古墳(山梨県)は特に有名である。
一貴山銚子塚古墳
 福岡県糸島郡二丈(にじよう)町(旧,一貴山村)田中にある4世紀後葉の前方後円墳洪積台地上に北面して築いた墳丘は,原形をやや損じているが,全長102m,後円部復原径60m,前方部幅31mあり,葺石(ふきいし)および円筒埴輪の形跡はなく,周濠もめぐらしていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銚子塚古墳
ちょうしづかこふん

前方後円墳の形状を長柄の銚子に見立てた呼称。全国に数多くみられるが、代表的なものをあげる。
(1)一貴山(いきさん)銚子塚古墳 福岡県糸島(いとしま)市二丈田中(にじょうたなか)にある、唐津(からつ)湾を望む丘陵上に立地する全長103メートルの前方後円墳。1950年(昭和25)日本考古学協会と福岡県が合同調査し、後円部の竪穴(たてあな)式石室から鏡10面ほか、玉類、刀剣、槍(やり)、鉄鏃(てつぞく)などが出土した。鍍金方格規矩四神鏡(ときんほうかくきくししんきょう)などの漢代中・後期の鏡は伝世鏡(でんせいきょう)として特別な扱いを受けており、製三角縁獣文帯(ぼうせいさんかくぶちじゅうもんたい)三神三獣鏡8面のうち、3種2面ずつの同笵鏡(どうはんきょう)を含む。九州における初期の畿内(きない)的色彩の強い古墳として重要である。1957年(昭和32)国の史跡に指定。
(2)甲斐(かい)銚子塚古墳 山梨県甲府(こうふ)市下曽根町(しもそねちょう)にある。笛吹川左岸の傾斜変換線に沿って築造された全長172メートルの前方後円墳。周濠(しゅうごう)と葺石(ふきいし)をもち、古式な円筒埴輪(はにわ)を樹立する。後円部に北頭位の狭長な割石(わりいし)小口積み竪穴式石室を有する。副葬品は、鏡5面、水晶製ほかの勾玉(まがたま)、車輪石、石釧(いしくしろ)、石製杵(きね)、貝釧、刀剣、鉄斧(てっぷ)、鉄鏃などで、鏡は長宜子孫(ちょうぎしそん)内行花文鏡、ほかに同笵鏡をもつ三角縁神人車馬(しんじんしゃば)鏡などである。4世紀後葉の東日本最大級の畿内型古墳である。1930年(昭和5)国の史跡に指定された。[橋本博文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銚子塚古墳の関連キーワード赤子塚何れ劣らぬ何れか何れも何れも様御銚子双子塚赤石古墳桑山塔ノ尾古墳天神山古墳

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

銚子塚古墳の関連情報