コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銚子塚古墳 ちょうしづかこふん

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうしづかこふん【銚子塚古墳】

銚子塚と呼ぶ古墳は各地にあって,いずれも後円部の一側から前方部が低く細長く伸びた形の前方後円墳である。墳形の特徴を長柄の銚子に見たてた命名である。一貴山(いきさん)銚子塚古墳(福岡県),中道(なかみち)銚子塚古墳(山梨県)は特に有名である。
一貴山銚子塚古墳
 福岡県糸島郡二丈(にじよう)町(旧,一貴山村)田中にある4世紀後葉の前方後円墳。洪積台地上に北面して築いた墳丘は,原形をやや損じているが,全長102m,後円部復原径60m,前方部幅31mあり,葺石(ふきいし)および円筒埴輪の形跡はなく,周濠もめぐらしていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銚子塚古墳
ちょうしづかこふん

前方後円墳の形状を長柄の銚子に見立てた呼称。全国に数多くみられるが、代表的なものをあげる。
(1)一貴山(いきさん)銚子塚古墳 福岡県糸島(いとしま)市二丈田中(にじょうたなか)にある、唐津(からつ)湾を望む丘陵上に立地する全長103メートルの前方後円墳。1950年(昭和25)日本考古学協会と福岡県が合同調査し、後円部の竪穴(たてあな)式石室から鏡10面ほか、玉類、刀剣、槍(やり)、鉄鏃(てつぞく)などが出土した。鍍金方格規矩四神鏡(ときんほうかくきくししんきょう)などの漢代中・後期の鏡は伝世鏡(でんせいきょう)として特別な扱いを受けており、製三角縁獣文帯(ぼうせいさんかくぶちじゅうもんたい)三神三獣鏡8面のうち、3種2面ずつの同笵鏡(どうはんきょう)を含む。九州における初期の畿内(きない)的色彩の強い古墳として重要である。1957年(昭和32)国の史跡に指定。
(2)甲斐(かい)銚子塚古墳 山梨県甲府(こうふ)市下曽根町(しもそねちょう)にある。笛吹川左岸の傾斜変換線に沿って築造された全長172メートルの前方後円墳。周濠(しゅうごう)と葺石(ふきいし)をもち、古式な円筒埴輪(はにわ)を樹立する。後円部に北頭位の狭長な割石(わりいし)小口積み竪穴式石室を有する。副葬品は、鏡5面、水晶製ほかの勾玉(まがたま)、車輪石、石釧(いしくしろ)、石製杵(きね)、貝釧、刀剣、鉄斧(てっぷ)、鉄鏃などで、鏡は長宜子孫(ちょうぎしそん)内行花文鏡、ほかに同笵鏡をもつ三角縁神人車馬(しんじんしゃば)鏡などである。4世紀後葉の東日本最大級の畿内型古墳である。1930年(昭和5)国の史跡に指定された。[橋本博文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

銚子塚古墳の関連キーワード小銚子塚古墳〈静岡県〉佐賀県佐賀市金立町金立丸山塚古墳〈山梨県〉銚子塚古墳〈福岡県〉銚子塚古墳〈山梨県〉山梨県甲府市下曽根町銚子塚古墳〈静岡県〉福岡県糸島市二丈田中山梨県笛吹市八代町岡山梨県立考古博物館静岡県磐田市寺谷中道(山梨県)福岡県糸島市山梨県甲府市佐賀県佐賀市銚子山古墳磐田(市)中道[町]磐田[市]甲府市

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銚子塚古墳の関連情報