コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七ッ森 ななツもり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七ッ森
ななツもり

七巍峯 (ななつもり) とも書く。宮城県中部,富谷丘陵上に突出する安山岩火山岩頸群。大和町に属する。笹倉山 (507m) ,長倉山 (498m) ,遂倉山 (とがくらやま。 308m) ,松倉山 (291m) などの特異な形態が目をひき,巨人伝説がある。最高峰の笹倉山は大森山あるいは大森とも呼ばれる。仙台市民のレクリエーションの場となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

七ッ森の関連キーワード七北田川

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七ッ森の関連情報