コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大和町(読み)たいわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大和〔町〕
たいわ

宮城県中部,船形山東麓から仙北平野の南西部を占める町。仙台市の北に接する。 1955年吉岡町と宮床 (みやとこ) ,吉田,鶴巣 (つるす) ,落合の4村が合体して成立。中心地区の吉岡は,元和2 (1616) 年伊達宗清が居城してから城下町として発展し,陸羽街道 (国道4号線) の宿駅の性格をもつ。周辺は水田中心の農村で米作が主産業。竹細工を特産。仙台北部工業団地があり,条里制の遺構が残る。東部を東北自動車道が通り,大和インターチェンジがある。西部の船形山東麓一帯は船形連峰県立自然公園に属し,南部には七ッ森がある。面積 225.49km2。人口 2万8244(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

大和町の関連情報