コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七偏人 しちへんじん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七偏人
しちへんじん

江戸時代末期の滑稽本梅亭金鵞 (きんが) 作。5編 15冊。安政4 (1857) ~文久3 (63) 年刊。角書に「妙竹林話」とある。題名は滝亭鯉丈 (りゅうていりじょう) の『花暦八笑人』にならい,中国の竹林七賢人をもじったもの。喜次郎を中心に7人ののらくら者の生活を描いており,混乱した幕末の世相を反映している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しちへんじん【七偏人】

滑稽本。梅亭金鵞作、梅の本鶯斎画。安政4年(1857)から文久3年(1863)にかけて5編5冊を刊行。江戸の遊び人仲間7人が、のんきないたずら茶番に明け暮れる日々を描く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

七偏人【しちへんじん】

幕末の滑稽(こっけい)本。梅亭金鵞作,1857年―1863年刊。5編15冊。〈妙竹林話〉の角書(つのがき)がある。滝亭鯉丈の《花暦八笑人》の滑稽をさらに誇張。7人の江戸遊民の茶番狂言を,滑稽と駄洒落(だじゃれ)で描いたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しちへんじん【七偏人】

滑稽本。五編一五巻。梅亭金鵞作。梅の本鶯斎画。1857~63年刊。竹林の七賢人をもじって、七人の遊び仲間の滑稽ぶりを描く。「花暦八笑人」「和合人」の影響を受けた書。妙竹林話七偏人。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

七偏人の関連キーワード決め込む・決込む・極め込む引っ絡げる・引っ紮げる梅亭金鵞・梅亭金鵝締め込む・締込む己等達・俺等達のめずり込むなしゃれる竹林の七賢火吹き達磨真っ平御免おっこち団団珍聞星を指す割り入る詫び入るさっせえ寝転かすでげす能楽人締込む

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七偏人の関連情報