七名八体(読み)シチミョウハッタイ

デジタル大辞泉の解説

しちみょう‐はったい〔シチミヤウ‐〕【七名八体】

各務支考(かがみしこう)が説いた連句の付合(つけあい)論。七名は前句へ付ける構想の立て方の分類で、有心(うしん)・向付(むかいづけ)・起情会釈(あしらい)・拍子色立(いろだて)・遁句(にげく)、八体は付句の方法を、其人(そのひと)・其場(そのば)・時節時分天相時宜観相・面影の八つに分類したもの。しちみょうはってい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しちみょうはったい【七名八体】

各務支考かがみしこうの説いた俳諧付合の方法論。七名は、前句へ付ける趣向の立て方で、有心うしん・向付むかいづけ・起情・会釈あしらい・拍子・色立いろだて・遁句にげくを、八体は、付句の句作の狙い所の分類で、其人そのひと・其場そのば・時節・時分・時宜・天相・観相・面影をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しちみょう‐はってい シチミャウ‥【七名八体】

〘名〙 各務支考(かがみしこう)が連句の付け合いを説いた語。句の構想の立て方に有心・向付(むかいづけ)・起情・会釈(あしらい)・拍子・色立(いろだて)・逃句の「七名」があるとし、それに基づいて実際に付句の方法として、其人(そのひと)・其場・時節・時分・時宜・天相・観相・面影の「八体」があるとするもの。〔俳諧・俳諧古今抄(1730)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android