コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

向こう付け ムコウヅケ

デジタル大辞泉の解説

むこう‐づけ〔むかふ‐〕【向こう付け】

会席料理で、膳の中央より向こう側につける刺身や酢の物などの料理。また、それを盛る器。
相撲で、額を相手あご、または胸につけ、相手の前まわしを引きつけた体勢

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

むこうづけ【向こう付け】

懐石では、最初に出す折敷(おしき)に、客から見て手前左に飯椀、右に汁椀、向こう側(奥)中央に料理を1品置くが、この料理またはこれに用いる器。料理はなますや刺身を用いることが多い。会席料理などで、刺身をいうこともある。◇「向付」と書くことも多い。「お向こう」ともいう。⇒懐石

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

むこうづけ【向こう付け】

懐石料理で、膳部の向こう側に置く刺身・酢の物などの料理。また、それを入れる器。お向こう。
相撲で、頭を相手の胸に付け、相手のまわしを引くこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

むこうづけ【向こう付け】

懐石では、最初に出す折敷(おしき)に、客から見て手前左に飯椀、右に汁椀向こう側(奥)中央に料理を1品置くが、この料理またはこれに用いる器。料理はなますや刺身を用いることが多い。会席料理などで、刺身をいうこともある。◇「向付」と書くことも多い。「お向こう」ともいう。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

向こう付けの関連キーワード向こう詰め寄せ向こう懐石用具懐石料理吸い酢酢の物先付膳部末広

向こう付けの関連情報