コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三字経 さんじきょうSan-zi-jing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三字経
さんじきょう
San-zi-jing

中国で,子供に字を教えるために村塾で使用された代表的なテキスト。宋の王応麟撰と伝えられるが,宋末の区適子の撰,清の黎貞の続成とする説もある。毎句3字で,韻をふみ,人倫その他の常識的なことを儒教的立場で説いたもの。日本に伝えられ,『三字経訓詁解』『三字経童子訓』『本朝三字経』などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんじきょう【三字経 Sān zì jīng】

中国,南宋の王応麟の編と伝えられる字書。児童用の識字教科書。〈人之生,性本善(人の生まるるや,性もと善なり)〉にはじまる3字句で通してある。《千字文》とともに広く行われた。字に重複があり,文辞も《千字文》に劣るといわれながら,いわゆる〈俗耳に入りやすく〉,中国では,《千字文》より明らかに大きい影響を民衆に及ぼした。〈人之生〉という名の映画があれば,すなわちめでたしめでたしのハッピー・エンドを予想させるのも,〈性本善〉という下の句までが,一般人の記憶に深く入りこんでいるためである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三字経の関連キーワード蒙求

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android