山田太一(読み)やまだたいち

  • 山田太一 やまだ-たいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1934.6.6. 東京
放送作家,作家。本姓石坂。 1958年早稲田大学教育学部卒業後,松竹に入社し,大船撮影所演出部に勤務。 65年退社,以後テレビドラマ台本を手がける。 73年『それぞれの秋』で芸術選奨新人賞を受賞したのをはじめ,高視聴率のすぐれた作品を次々と発表。 77年,核家族の姿を主婦の目から克明に描いた『岸辺のアルバム』で話題を呼んだ。代表作はほかに『思い出づくり』 (1981) ,『ふぞろいの林檎たち』 (83,85,91) など。映画,舞台小説分野でも活躍し,特に小説『飛ぶ夢をしばらく見ない』 (85) ,『異人たちとの夏』 (87) ,『遠くの声を捜して』 (89) の3部作などで作家としての地位を確立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1934- 昭和後期-平成時代の脚本家。
昭和9年6月6日生まれ。松竹大船撮影所の助監督をへてフリーとなる。「岸辺アルバム」「ふぞろいの林檎たち」などテレビドラマの話題作を発表し受賞多数。「キネマの天地」で映画シナリオに進出。小説も手がけ,昭和63年「異人たちとの夏」で山本周五郎賞脚本はほかに「ちいさなを架ける」など。27年長年にわたって日本のテレビドラマづくりを牽引したとして朝日賞。東京出身。早大卒。本名は石坂太一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山田太一の言及

【ホームドラマ】より

… こうしたホームドラマは,一見,身動きの取れぬマンネリズムに陥りそうに思えるが,上記のような大枠の中での〈細部の変奏〉はまったく自由であり,そのような多様な細部が,出演人気タレントのバラエティの魅力とともに,これまで多くの人々を楽しませてきた。また,近年活躍した橋田寿賀子(1925‐ ),山田太一(1934‐ ),向田邦子(1929‐81)といった第一線のシナリオライター(ちなみに,橋田は松竹脚本部の出身であり,山田は松竹で木下恵介の助監督をしていた)の諸作品にみられたように,ホームドラマは現実の家庭の人間関係の変貌や種々の社会的問題を,ある距離を置きながらも,その中に反映させて,同時代の身近なドラマとして〈茶の間〉の人気を保ち続けている。【川添 裕】。…

※「山田太一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山田太一の関連情報