コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三枝 サイグサ

大辞林 第三版の解説

さいぐさ【三枝】

さいぐさ【三枝】

姓氏の一。

さきくさ【三枝】

枝が三つに分かれている草木。フクジュソウ・ジンチョウゲ・ミツマタ・ヤマユリ・ミツバゼリなど、諸説がある。 「御歯は-の如き押歯に坐しき/古事記 下訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

三枝 (ミツエダ)

植物。ジンチョウゲ科の落葉低木,園芸植物。ミツマタの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

三枝の関連キーワードおにいちゃんになっちゃったマッティと愉快な仲間たちオリヲン座からの招待状赤い夕日に照らされてクイズ!年の差なんて処刑が行なわれているヤングおー!おー!はやぶさ新八御用帳パークス襲撃事件天と地を駈ける男鬼どもの夜は深い喪服を着た九官鳥坊さんが、ゆく自分の穴の中で清左衛門残日録三枝の爆笑夫婦ぼくのおじさん陽のあたる坂道あだ名のうた今日のいのち

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三枝の関連情報