山百合(読み)ヤマユリ

  • 山百=合
  • 山百合 (ヤマユリ)

大辞林 第三版の解説

ユリ科の多年草。近畿以東の太平洋側の低山に生え、栽培もされる。葉は互生し、披針形。初夏、茎頂に香りのよい大形漏斗状花を横向きに数個つける。花は白色で内側に赤褐色の斑がある。鱗茎は食用。自生地により箱根百合・鳳来寺百合・吉野百合・叡山百合などとも呼ぶ。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ユリ科の多年草。本州の近畿以東の山地に生え、また広く栽培もされる。高さ一~一・五メートル。鱗茎は扁球形で直径一〇センチメートルぐらい。葉は披針形で長さ一〇~二〇センチメートル。夏、芳香のある径一〇~二五センチメートルの花を開く。花被片は六個で長楕円形で外に巻き、白色で内面に暗紅色の斑点がある。りょうりゆり。えいざんゆり。ほうらいじゆり。よしのゆり。《季・夏》 〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山百合の関連情報