コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山百合 ヤマユリ

デジタル大辞泉の解説

やま‐ゆり【山百合】

ユリ科の多年草。山野に自生し、高さ約1.5メートル。葉は披針形で互生。夏、白色のらっぱ状の花が横向きに開く。花の内面には赤い斑点があり、強い香りを放つ。本州の近畿地方以北に多い。鱗茎(りんけい)は食用。 夏》「見おぼえの―けふは風雨かな/立子

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やまゆり【山百合】

ユリ科の多年草。近畿以東の太平洋側の低山に生え、栽培もされる。葉は互生し、披針形。初夏、茎頂に香りのよい大形漏斗状花を横向きに数個つける。花は白色で内側に赤褐色の斑がある。鱗茎は食用。自生地により箱根百合・鳳来寺百合・吉野百合・叡山百合などとも呼ぶ。 [季] 夏。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山百合の関連情報