コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三郡変成帯 サングンヘンセイタイ

4件 の用語解説(三郡変成帯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さんぐん‐へんせいたい【三郡変成帯】

九州北部から中国地方東部にかけて分布する、結晶片岩によって特徴づけられる変成岩帯。中生代初めに形成。名は福岡市東部の三郡山による。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三郡変成帯【さんぐんへんせいたい】

九州北部から中国地方にかけて,三郡変成岩の分布によって示される変成帯。三郡変成岩は,ランセン石を含む高圧低温型の結晶片岩からなることが特徴。飛騨変成帯とともに秋吉造山運動の中軸変成帯をなすとする説,本州造山運動によって領家変成帯三波川変成帯とともに形成されたとする説,高温低圧型の飛騨変成帯と対をなす高圧低温型の変成帯とする説など,さまざまな見解が発表されてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんぐんへんせいたい【三郡変成帯】

西南日本内帯の主要構造単元の一つで,飛驒変成帯の南側に位置する。北九州(模式地は福岡県三郡山付近)~西中国では,三郡変成帯は南北2帯に分かれ,その中間にレンズ状の非変成~弱変成の古生層帯が発達しており,これらを一括して,三郡‐山口帯あるいは三郡‐中国帯とよぶこともある。三郡変成帯の東縁は舞鶴構造帯により切られるが,飛驒外縁帯および上越変成帯の変成岩もその延長とみられている。三郡変成岩は,古生代後期の海成層が高圧・低温型の変成作用をうけて生じた結晶片岩,千枚岩で,ランセン石片岩で特徴づけられ,山口県で上部三畳系に不整合に覆われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんぐんへんせいたい【三郡変成帯】

飛驒ひだおよび中国地方東部から北九州の三郡山地周辺にかけて点在し、全体として帯状の分布をなす変成帯。結晶片岩・千枚岩などの変成岩から成る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三郡変成帯の関連キーワード西南日本西南日本外帯西南日本内帯内帯領家変成帯グリーンタフ地域西南日本海溝架橋密度主要構造部飛驒変成帯

三郡変成帯の関連情報