コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

領家変成帯 りょうけへんせいたい

4件 の用語解説(領家変成帯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

領家変成帯
りょうけへんせいたい

中央構造線の北側に沿って分布する,片麻岩を主体とする広域変成帯日本列島の形成に関係した白亜紀造山運動によってできたものと考えられている。分布は長野県高遠付近に始まり,紀伊半島北部から瀬戸内海地域を通って熊本県八代付近に及ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

りょうけ‐へんせいたい〔リヤウケ‐〕【領家変成帯】

長野県南部から九州にかけて中央構造線の北側に分布する、高温・低圧で形成された変成岩からなる地帯。片麻岩と花崗(かこう)岩類からなり、変成時期は中生代白亜紀。
[補説]領家変成岩の出土する静岡県天竜川の支流水窪(みさくぼ)川沿いの地名、奥領家による。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りょうけへんせいたい【領家変成帯】

西南日本内帯の最も外側(太平洋側)に位置する構造単元で,中央構造線の北側に沿って延長700km以上にわたって分布する。領家帯とも呼ばれる雲母片岩,片麻岩などの高温・低圧型の領家変成岩類と,領家花コウ岩類(古期と新期に分けられる)とからなるが,花コウ岩類の方が分布が広い。美濃‐丹波帯と呼ばれる北側の非変成帯(主として三畳紀~ジュラ紀の海成層からなる)から漸移的に移化する。変成岩・花コウ岩類の放射年代はほとんどすべて白亜紀を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone