コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

領家変成帯 りょうけへんせいたい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

領家変成帯
りょうけへんせいたい

中央構造線北側に沿って分布する,片麻岩を主体とする広域変成帯。日本列島の形成に関係した白亜紀造山運動によってできたものと考えられている。分布は長野県高遠付近に始まり,紀伊半島北部から瀬戸内海地域を通って熊本県八代付近に及ぶ。東方延長はフォッサ・マグナによって切られるが,茨城県筑波地方から阿武隈高地にかけての変成岩類もこれに含まれるとみられている。変成岩は,雲母片麻岩やケイ線石紅柱石などを含む種々の片麻石からなり,古生界の泥質岩,砂岩,チャートなどが高温・低圧型の変成作用を受けてできたものと考えられる。片麻岩類に伴って花崗岩類の貫入岩体が多いのもこの変成岩の特徴の一つである。変成作用の時期については,古生代末という見解と,中生代の白亜紀から新生代の古第三紀にかけてという 2説があったが,絶対年代の測定では,1億年前あるいは 6000万年前で,後者が正しいことが明らかになった。なお名称は天竜川上流の地名奥領家に由来する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りょうけ‐へんせいたい〔リヤウケ‐〕【領家変成帯】

長野県南部から九州にかけて中央構造線の北側に分布する、高温・低圧で形成された変成岩からなる地帯。片麻岩と花崗(かこう)岩類からなり、変成時期は中生代白亜紀。
[補説]領家変成岩の出土する静岡県天竜川の支流水窪(みさくぼ)川沿いの地名、奥領家による。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りょうけへんせいたい【領家変成帯】

西南日本内帯の最も外側(太平洋側)に位置する構造単元で,中央構造線の北側に沿って延長700km以上にわたって分布する。領家帯とも呼ばれる。雲母片岩,片麻岩などの高温・低圧型の領家変成岩類と,領家花コウ岩類(古期と新期に分けられる)とからなるが,花コウ岩類の方が分布が広い。美濃‐丹波帯と呼ばれる北側の非変成帯(主として三畳紀ジュラ紀海成層からなる)から漸的に移化する。変成岩・花コウ岩類の放射年代はほとんどすべて白亜紀を示す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りょうけへんせいたい【領家変成帯】

長野県南部から九州にかけて中央構造線に沿ってその北側に分布する広域変成帯。片麻岩類とこれに密接に伴う花崗岩類とからなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

領家変成帯の関連キーワードケイ線石(珪線石)佐川造山運動西南日本内帯花崗岩化作用三郡変成帯

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android