コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上の町 カミノマチ

デジタル大辞泉の解説

かみ‐の‐まち【上の町】

高台にある町。京都などでは、北にある町。かみまち。⇔下(しも)の町
上流。第一流。
「―も、上﨟とて御口つきどもは殊なること見えざめれども」〈宿木

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かみのちょう【上の町】

京都、島原遊郭の中の町の一。遊郭の南東部にあたる。

かみのまち【上の町】

上手かみてにある町。高台にある町。 ↔ 下の町
〔「まち」は区分・等級の意〕 一流。上流。 「 -も、上﨟とて/源氏 宿木」 → 二の町

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

上の町の関連キーワード大槌町の仮設住宅入居者調査ナザレ(ポルトガル)テペ・ヒッサール戦国時代(日本)イノウロツワフアメリカ合衆国阪急オアシスベートシャンルグドゥヌムインダス文明都市計画区域武田 亜公クルーズ県川北(町)オーセールウスワイア美星[町]自治体警察都道府県道四国地方

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上の町の関連情報