上張(読み)うわっぱり

精選版 日本国語大辞典の解説

うわっ‐ぱり うはっ‥【上張】

〘名〙 衣服がよごれないようにその上にはおって着るもの。江戸時代は、女中たちが道中に着る浴衣(ゆかた)をいい、現代では、医者や美・理容師の着る白衣や会社の事務服、幼稚園児のスモック、家庭でのかっぽう着など広くいう。うわっぱおり。
※雑俳・川柳評万句合‐明和三(1766)仁五「行平はうわっ張り迄引はがれ〈さくら木〉」

うわ‐ばり うは‥【上張】

〘名〙
① ふすま、天井、壁などに紙や裂(きれ)を張って仕上げること。また、その紙や裂。⇔下張り
※蔭凉軒日録‐延徳三年(1491)四月二九日「斎罷唐紙師来。松泉客殿障子上張之
※日葡辞書(1603‐04)「Vuabari(ウワバリ)
※浮世草子・好色一代男(1682)三「帷子の上張(ウハバリ)、置き手拭して」

うわ‐は・る うは‥【上張】

〘他ラ四〙 (「うわばる」とも) 着物の上にはおって着る。うわっぱりを着る。うわっぱる。
※義残後覚(1596)一「其の出立は下には紙籠一つ上にはしふかたびらをうわはりて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android