上機(読み)じょうき

精選版 日本国語大辞典「上機」の解説

じょう‐き ジャウ‥【上機】

〘名〙
仏語。悟りを開くことができる最上能力、資質。また、その人。上根(じょうこん)
※私聚百因縁集(1257)七「仍て宣旨を以て国内に求めて上機(じゃうキ)を得る、慈覚大師是れ也」
② 能力、気力ともにたいへんすぐれていること。
※御伽草子・鴉鷺合戦物語(室町中)「矢一二負ひては物ともせざる上機の者にて候」
③ 上等の織物を織るのに用いる織機。〔和漢三才図会(1712)〕

かみ‐はた【上機】

〘名〙 (「かみばた」とも) 天正年間(一五七三‐九二)、奈良晒(さらし)を織るために用いられた手織機の一種。高機に似ている。地機に比して奥行きが短い。
※俳諧・大坂檀林桜千句(1678)第七「敷となりぬる峯の松が枝〈友雪〉 上機に鶴の毛衣織はえて〈執筆〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android