コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高機 たかばた

6件 の用語解説(高機の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高機
たかばた

大和機,京機ともいう。木製手機の一種。地機 (じばた) の改良機で,機の構造が地機より高い位置になっているところからこの名がある。経 (たて) 糸を上下させる綜絖 (そうこう) が2枚以上あり,織り手が腰掛けて両足で操作できる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たか‐ばた【高機】

《「たかはた」とも》手織り機の一。腰板に腰掛け、踏み木を足で踏んで2枚の綜絖(そうこう)を交互に上下させて織るもの。地機(じばた)より丈が高く、構造・機能の進歩した織機で、錦・綾などを織るのに用いる。大和機。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

高機【たかばた】

手機(てばた)の一種。大和機・京機とも。また初め絹織に用いたので絹機とも呼ぶ。枠組(わくぐみ)その他全体が地機(じばた)より高く,織工は腰かけて操作する。綜絖(そうこう)は2枚で,上部の枠と下部の踏木に連結,両足で踏木を交互に踏んで開口する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たかばた【高機】

経巻具(たてまきぐ)のほかに布巻具も機台に取り付けて経糸を水平に張り,腰かけて織るようにした手織機で,地機(じばた)より全体を高くしてあるので,この名がある。機台の腕木に支えられた弓棚(新しいものはろくろ)につるした綜絖(そうこう)の下方を踏木に結び,この踏木を踏んで開口する。杼(ひ)は大杼から小杼になり,投げ入れるようになった。綜絖は2~10枚程度で,斜文など,やや複雑な組織を作ることができる。さらに複雑な紋様は,これに空引(そらびき)装置をつけ,複数の人で操作したが,この織機は空引機(そらびきばた)と呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たかばた【高機】

手織り機の一。腰板に腰掛け、足で踏木を踏んで綜絖そうこうを上下させて織るもの。躄いざり機から改良され、構造全体が高い。棚機。大和機やまとばた

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高機
たかはた

手織機の一種。大和(やまと)機、京機ともいう。高機の名称は、居座(いざり)機に対して腰の位置が高くなっていることからつけられたのであろう。ただ、古文書、とくに京都西陣(にしじん)関係の文書、あるいは呼称に高機とある場合は空引(そらひき)機のことで、地方でいう高機を二枚機と称していることに注意すべきである。高機は、5世紀なかばごろに中国の江南地方から伝えられたもので、主として絹織物の製織に使われたが、一般には普及しなかった。近世中期ごろから絹、木綿織物の全国的普及に伴い、中央から各地へ伝わった。現在では伝統的織物を生産する地方にわずかに残されている。構造は、二枚以上の綜絖(そうこう)を使い、踏木(ふみき)を踏んで開口するもので、多くは平織を織ったが、地方により斜子(ななこ)、綾(あや)なども製織した。もと絹用として製作されているため機台は長かったが、木綿、麻へも転用されると、長さを短くし、半京(はんきょう)機、半京が生まれた。したがって高機の形式は各地によって特色があり、織物生産の分布範囲や伝播(でんぱ)の系統を知ることができる。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の高機の言及

【織物】より

…やがて高級織物織成の欲求にしたがって綜絖装置は工夫改善され,上に糸を引き上げる綜絖と下に糸を引き下げる綜絖と2枚あるいはそれ以上の綜絖が装置されるようになり,またその操作もペダル式の踏木によって行われるに至った。この形式は高機(たかはた)と呼ばれ,今日でも手機に多く用いられている。 機織には,このほか経糸の間に緯糸をたやすく通す方法や,緯糸を平行に固く経糸の間に打ち込む方法として,杼(ひ)や筬(おさ)と呼ばれる道具が用いられている。…

【絨毯】より

…経糸やよこ糸には羊毛のほか,細く堅牢な綿もよく使われ,高級品には絹も用いる。
[織機,道具]
 絨毯の織機は,経糸を垂直に張る竪機(たてばた)(高機)と経糸を地面すれすれに水平に張る水平機(地機)とに大別される。竪機は都市や農村の定住生活,水平機は遊牧民の移動生活で主として使われている。…

【織機】より

… 一方,中国では前3000年ころには織物が作られ,また前漢時代(前202‐後24)の絹の綾織が発見されている。このころ,地機に類する織機も存在したが,綾は単綜絖では作れないので,高機(たかばた)があったのではないかといわれている。高機は地機の機台を高くし,布巻具もこれに取り付け,機台につるした複数の綜絖を,踏木を踏んで開口するものである(図10)。…

※「高機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高機の関連キーワード地機経巻昆布巻き・昆布巻経巻き・経巻立松布巻き・布巻昆布巻布巻昆布巻芝居長崎県長崎市布巻町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高機の関連情報