(読み)カワ

デジタル大辞泉「皮」の解説

かわ〔かは〕【皮】

動植物の肉・身を包んでいる外側の膜。表皮。「みかんのをむく」「(さめ)の」「魚のをはぐ」
物の表面にあって、中身を覆ったり包んだりしているもの。「饅頭(まんじゅう)の
物事の表面にあって、本質を覆っているもの。「欲の」「化けのをはがす」
[下接語]厚皮甘皮粗皮薄皮嘘(うそ)の皮姥(うば)皮上(うわ)皮鬼皮帯皮辛皮唐皮栗(くり)皮黒皮渋皮尻(しり)皮白皮杉皮竹の皮爪(つま)皮面(つら)の皮生皮化けの皮撥(ばち)皮腹の皮一皮糸瓜(へちま)の皮松皮的皮身の皮桃皮(がわ)裏皮黄皮毛皮鮫(さめ)皮鹿(しか)皮敷皮鰐(わに)皮

ひ【皮】[漢字項目]

[音](漢) [訓]かわ
学習漢字]3年
〈ヒ〉
動植物の体表をおおう組織。かわ。「皮下皮革皮脂皮癬(ひぜん)皮肉皮膚果皮外皮牛皮桂皮(けいひ)原皮樹皮獣皮植皮真皮脱皮表皮面皮羊皮紙
うわべ。「皮相
〈かわ(がわ)〉「皮算用甘皮上皮毛皮渋皮生皮鰐皮(わにがわ)
[難読]秦皮(とねりこ)皮蛋(ピータン)檜皮(ひわだ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「皮」の解説

ひ【皮】

〘名〙
② 「皮・肉・骨」と対比して、諸芸の風体を比喩的に表わす。
(イ) 書道で、柔らかな感じの書体をいう。
※愚秘抄(1314頃)鵜本「さてもある人の手跡の事をかき侍る物に〈〉強きは骨、やさしきは皮、愛あるは肉なるべし」
(ロ) 能楽で、生来の素質に恵まれた者が、稽古習道をしぬいたうえで発揮される、安定して美しく完成された舞姿。
※至花道(1420)皮・肉・骨の事「、此芸態に、皮(ヒ)・肉・骨の在所をささば、〈略〉この品々を長じて、安く美しく極まる風姿を、皮(ヒ)とや申べき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android