(読み)キ

デジタル大辞泉の解説

き【肌】[漢字項目]

常用漢字] [音]キ(呉)(漢) [はだ
〈キ〉はだ。はだえ。「肌膚肌理(きり)玉肌雪肌
〈はだ〉「肌着肌身赤肌片肌木肌鮫肌(さめはだ)地肌素肌鳥肌人肌諸肌(もろはだ)山肌柔肌(やわはだ)
[難読]肌理(きめ)黄肌(きわだ)肌衣(はだぎ)

はだ【肌/膚】

人のからだを覆う表皮。皮膚。はだえ。「を刺す寒気」
物の表皮。「木の」「山
気質。気性。「研究者」「が合わない友達」
[下接語]青肌赤肌荒れ肌勇み肌岩肌絵肌鏡肌片肌競(きお)い肌木肌黄(き)肌鮫(さめ)肌地肌白(しら)肌素肌玉の肌鉄火肌伝法肌鳥肌新(にい)肌如来(にょらい)肌羽二重肌・一(ひと)肌・人肌美(び)肌槙(まい)肌饅頭(まんじゅう)肌餅(もち)肌諸(もろ)肌山肌柔(やわ)肌雪肌

はだ‐え〔‐へ〕【肌/膚】

皮膚。はだ。
「肉(しし)つきの豊な、ふっくりとした―」〈鏡花高野聖

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しし‐え ‥へ【肌】

〘名〙 皮膚。はだえ。
※観智院本名義抄(1241)「肌 ハダヘ カハヘ シシヘ モモ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肌の関連情報