コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下乗 ゲジョウ

デジタル大辞泉の解説

げ‐じょう【下乗】

[名](スル)
乗り物から降りること。特に、貴人の前で、車馬から降りること。「全員が下乗して出迎える」
社寺の境内などに車馬り入れることを禁止すること。また、その札。下馬

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

げじょう【下乗】

( 名 ) スル
乗り物からおりること。社寺の境内や城内に入るとき、また貴人の前では車馬からおりるのが礼儀であった。
車馬に乗ったまま入ることを禁ずること。また、その旨を記して門前などに立てる制札。下馬札。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

下乗の関連キーワード狀・丈・上・乗・乘・冗・剩・剰・城・場・壌・壤・嬢・孃・定・帖・常・情・成・擾・攘・杖・条・條・浄・淨・状・畳・疊・盛・穣・縄・繞・繩・蒸・譲・讓・醸・釀・錠・静・饒バウンティ号の反乱ノルマントン号事件乗り打ち・乗打ち門(出入口)渡辺銅意退凡下乗藤原基房乗り打ち二重橋平資盛下馬札二字札平重盛三宮制札上乗

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下乗の関連情報