下歌(読み)さげうた

世界大百科事典 第2版の解説

平曲,あるいはなどの楽曲構成部分の名称の一つ。平曲では,上(あげ)歌として付けされた和歌につづく2番目の和歌の部分をいう。ただし,この1対を〈かみうた・しもうた〉という立場がある。能の下歌は,七五調の詞章平ノリで節付けしたものの一つ。2ないし4句程度の短い謡事で,中音から始まり,多くは中音,下音(げおん)の音域に終始するが,短い上音部分を持つものもある。シテ登場ので,上歌に前置される下歌の例が多いほか,ロンギに前置されるもの,〈いざいざ○○をなさうよ〉という詞章類型のものなどがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 上代歌謡の、歌い方による名称の一つ。低い調子で歌うもの。⇔上歌(あげうた)
② 謡曲で、低い下(した)の音階でうたう小段の名。普通、サシのあとにあって、中音から始まって下音(げおん)に終わる短い小段で、拍子に合うもの。⇔上歌
※曲附次第(1423頃)「先祝言の歌、さし声より、五七五の句六七反云ながして、下うた、かうの物まで十句斗うたふへし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android