コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

与勝半島 よかつはんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

与勝半島
よかつはんとう

沖縄県沖縄島中部東海岸,太平洋に突出した半島うるま市に属する。金武湾中城湾を分かつ。アメリカ軍用地,軍港ホワイトビーチがある。中城湾側は急崖で,金武湾側は緩斜面をなし,ともに風光明媚である。建築用石材トラバーチン(石灰岩の一種)を産する。中城湾に面して国指定史跡,および世界遺産の文化遺産に登録されている勝連城跡(→勝連グスク)がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よかつはんとう【与勝半島】

勝連(かつれん)半島ともいう。沖縄県沖縄島(本島)中部の東海岸に突出した半島。中頭(なかがみ)郡与那城(よなぐすく)村と勝連町からなる。長さ8km,幅約2.5km。半島の中央から南西端にかけては琉球石灰岩に覆われた台地で,南西海岸沿いに,ほぼ標高100mの高崖が連続し,西端は勝連城跡(史)となっている。半島の北東海岸に向けては比較的なだらかな斜面が広がり,台地の周囲は砂泥堆積物の低地からなる。半島の突端では建築用石材のトラバーチンを産出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

与勝半島の関連キーワード与那城[町]うるま(市)浜比嘉島平安座島安慶名屋慶名津堅島

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android