コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝連 かつれん

2件 の用語解説(勝連の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勝連
かつれん

沖縄県沖縄島中部東海岸にあるうるま市南部の旧町域。1980年町制。2005年石川市,具志川市,与那城町と合体し,うるま市となる。地名は近世以来の間切(まぎり。行政区画)名による。中城湾金武湾を分ける与勝半島の南西側に位置し,与勝諸島浜比嘉島,および津堅島と無人の 3島を含む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勝連
かつれん

沖縄県中頭(なかがみ)郡にあった旧町名(勝連町(ちょう))。現在はうるま市の南東部を占める。旧勝連町は1980年(昭和55)町制施行。2005年(平成17)石川市、具志川(ぐしかわ)市、与那城(よなしろ)町と合併、うるま市となった。旧勝連町は沖縄本島中南部の太平洋に突出する与勝(よかつ)半島の南半部と、有人島の浜比嘉(はまひが)島、津堅(つけん)島、無人島の浮原(うきばる)島、南浮原島を町域とした。方音カッチン。半島部はおおむね台地。島嶼(とうしょ)部は琉球(りゅうきゅう)石灰岩からなる低平な島。浜比嘉島は平安座(へんざ)島(うるま市)と浜比嘉大橋で結ばれ、さらに海中道路を通じて沖縄本島と結ばれている。津堅島へは、平敷屋(へしきや)港から定期船がある。15世紀前半は、勝連文化とも称せられる隆盛期を迎え勝連城の城下町としてにぎわった。平敷屋では建築用石材トラバーチンを産出し、国会議事堂の表玄関に使用された。現在総面積の14%はアメリカ軍の軍用地。半島部の台地上では、主としてサトウキビ栽培が行われている。浜比嘉島は沿岸漁業、津堅島では沿岸漁業のほかニンジンの特産地を形成している。旧跡として、阿麻和利(あまわり)が居城とした勝連城跡(国指定史跡。2000年ユネスコの世界遺産に登録)がある。[堂前亮平]
『福田恒禎編『勝連村史』(1966・勝連村) ▽『勝連町史』(1984・勝連町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勝連の関連キーワード沖縄県うるま市赤道沖縄県うるま市石川沖縄県うるま市江洲沖縄県うるま市大田沖縄県うるま市川田沖縄県うるま市喜屋武沖縄県うるま市塩屋沖縄県うるま市田場沖縄県うるま市豊原沖縄県うるま市宮里

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

勝連の関連情報