うるま市(読み)うるま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

うるま〔市〕
うるま

沖縄県沖縄島中部東海岸にある市。金武湾中城湾沿いの沿岸部と,金武湾と中城湾に挟まれた与勝半島からなり,与勝諸島浜比嘉島平安座島,宮城島,伊計島,および津堅島と無人の 3島を含む。 2005年石川市,具志川市,勝連町,与那城町の 2市 2町が合体し,うるま市となる。養豚や野菜,チャ(茶),サトウキビの栽培が行なわれるほか,繊維,食品工場などが立地,臨海工業地帯として発展。勝連にある国指定史跡勝連城跡(→勝連グスク)は 14~15世紀に中国,朝鮮,日本などとの交易で繁栄した豪族,阿麻和利(あまわり)が居住したところで,2000年世界遺産の文化遺産に登録。石川と具志川に火力発電所がある。また平安座島には石油基地があり,与那城の中心集落屋慶名と海中道路で結ばれる。沖縄自動車道,国道329号線が通る。面積 87.01km2。人口 11万8898(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

うるま市の関連情報