コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平安座島 へんざじま

3件 の用語解説(平安座島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平安座島
へんざじま

沖縄県沖縄島中部東海岸与勝半島北東に浮かぶ島。うるま市に属する。半農半漁の島であったが,石油貯蔵基地がつくられ,沖縄島との間に海中道路が通じるようになった。さらに宮城島,伊計島とも道路で結ばれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

へんざじま【平安座島】

沖縄県沖縄島(本島)中南部東海岸に突出する与勝(勝連)半島の北東側,金武(きん)湾口に点在する与勝諸島の一島で,与那城(よなぐすく)村に属する。周辺の美しい静かな海は1965年与勝海上公園に指定されたが,68年にアメリカの石油会社ガルフオイルが進出,71年には石油備蓄基地(CTS)の建設が始まり,平安座島をはじめ宮城(みやぎ)島,伊計(いけ)島,浜比嘉(はまひが)島などの島々とその周辺の海は激変した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕平安座島(へんざじま)


沖縄島中部、金武(きん)湾湾口に位置する島。面積5.3km2。うるま市に属する。北東方の宮城(みやぎ)島との間は埋め立てられて一島化し、石油備蓄基地が造成された。南西部と沖縄島の与勝(よかつ)半島は約4.5kmの海中道路でつながる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平安座島の関連キーワード与那原[町]沖縄県沖縄市上地沖縄県沖縄市大里沖縄県沖縄市胡屋沖縄県沖縄市照屋沖縄県沖縄市桃原沖縄県沖縄市東沖縄県沖縄市宮里沖縄県沖縄市山里沖縄県沖縄市与儀

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平安座島の関連情報