コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琉球石灰岩 りゅうきゅうせっかいがん Ryukyu limestone

3件 の用語解説(琉球石灰岩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

琉球石灰岩
りゅうきゅうせっかいがん
Ryukyu limestone

琉球諸島の海岸地域に分布する新第三系鮮新統を主体とする石灰岩の地層。石灰岩は白,灰,黄褐色などで多孔質である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りゅうきゅう‐せっかいがん〔リウキウセキクワイガン〕【×琉球石灰岩】

南西諸島の中部から南部にかけて広く分布する石灰岩の地層。新生代第四紀更新世サンゴ礁に起源する。沖縄県では総面積の約3割を占め、台地や岬などを形成する。古くから建材として利用され、首里城や石畳の道などで見られる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうきゅうせっかいがん【琉球石灰岩】

琉球列島と台湾に発達する第四紀更新世の石灰岩の総称。現在知られている北限は吐噶喇(とから)列島宝島である。台湾屛東(ピントン)県琉球嶼を模式地に矢部長克,半沢正四郎により命名され(1930),当初は第三紀鮮新世とされたが,層序区分とともに微化石年代や放射年代(イシサンゴ化石)の研究が進むにつれ,台湾の一部を除き,すべて更新世であることがわかった。主体の石灰岩のほかに,礫(れき),砂,泥などの卓越する部分もあり,全体を琉球層群と改称されるようになったが,石灰岩が多い場合は島ごとに独立の地層名を与える代りに,琉球石灰岩の名で一括して取り扱う場合が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

琉球石灰岩の関連キーワード更新世洪積世第四紀八重山諸島第四系台湾海峡ナウマン象USCAR琉球列島米国軍政府氷河植物群

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

琉球石灰岩の関連情報