琉球石灰岩(読み)りゅうきゅうせっかいがん(英語表記)Ryukyu limestone

デジタル大辞泉の解説

りゅうきゅう‐せっかいがん〔リウキウセキクワイガン〕【×琉球石灰岩】

南西諸島の中部から南部にかけて広く分布する石灰岩の地層。新生代第四紀更新世サンゴ礁起源する。沖縄県では総面積の約3割を占め、台地や岬などを形成する。古くから建材として利用され、首里城石畳の道などで見られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうきゅうせっかいがん【琉球石灰岩】

琉球列島と台湾に発達する第四紀更新世の石灰岩の総称。現在知られている北限は吐噶喇(とから)列島宝島である。台湾屛東(ピントン)県琉球嶼を模式地に矢部長克,半沢正四郎により命名され(1930),当初は第三紀鮮新世とされたが,層序区分とともに微化石年代や放射年代(イシサンゴ化石)の研究が進むにつれ,台湾の一部を除き,すべて更新世であることがわかった。主体の石灰岩のほかに,礫(れき),砂,泥などの卓越する部分もあり,全体を琉球層群と改称されるようになったが,石灰岩が多い場合は島ごとに独立の地層名を与える代りに,琉球石灰岩の名で一括して取り扱う場合が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

琉球石灰岩の関連情報