コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

与論[町] よろん

1件 の用語解説(与論[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

与論[町]【よろん】

鹿児島県南部,大島郡の町。与論島1島1町。サトウキビ,野菜・花卉(かき)栽培を中心とする農業,畜産,漁業が行われ,製糖工場がある。1976年完成の与論空港に,鹿児島奄美(あまみ)大島から定期航空路があり,与論港には東京・大阪・神戸・鹿児島・那覇から奄美群島航路の大型客船が寄港する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の与論[町]の言及

【与論島】より

…地元では〈ユンヌ〉と称する。1島で大島郡与論町を構成する。人口6210(1995)。…

※「与論[町]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

与論[町]の関連キーワード奄美大島鹿児島県吐噶喇列島与論島奄美諸島鹿児島与論島民の三池移住吐か喇列島大島信文英吉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone