コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

与論[町] よろん

1件 の用語解説(与論[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

与論[町]【よろん】

鹿児島県南部,大島郡の町。与論島1島1町。サトウキビ,野菜・花卉(かき)栽培を中心とする農業,畜産,漁業が行われ,製糖工場がある。1976年完成の与論空港に,鹿児島奄美(あまみ)大島から定期航空路があり,与論港には東京・大阪・神戸・鹿児島・那覇から奄美群島航路の大型客船が寄港する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の与論[町]の言及

【与論島】より

…地元では〈ユンヌ〉と称する。1島で大島郡与論町を構成する。人口6210(1995)。…

※「与論[町]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone