与論[町](読み)よろん

百科事典マイペディアの解説

与論[町]【よろん】

鹿児島県南部,大島郡の町。与論島1島1町。サトウキビ,野菜・花卉(かき)栽培を中心とする農業,畜産,漁業が行われ,製糖工場がある。1976年完成の与論空港に,鹿児島と奄美(あまみ)大島から定期航空路があり,与論港には東京・大阪・神戸・鹿児島・那覇から奄美群島航路の大型客船が寄港する。観光が島の重要な産業となっている。20.58km2。5327人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の与論[町]の言及

【与論島】より

…地元では〈ユンヌ〉と称する。1島で大島郡与論町を構成する。人口6210(1995)。…

※「与論[町]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android