コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

与論町 よろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

与論〔町〕
よろん

鹿児島県南部,奄美群島最南端の与論島全島を占める町。1963年町制。サトウキビの栽培が圧倒的に多く,製糖工場がある。ほかにカボチャ,インゲン,花卉類の栽培,肉牛飼育などが行なわれる。1960年代後半から急激に観光客が増加した。島の北東部を取り巻く堡礁や礁湖のなかの生物相の多彩さは奄美群島随一で,奄美群島国立公園に属する。茶花港の近くに与論空港があり,鹿児島,奄美,沖縄などと空の便で結ばれる。面積 20.58km2。人口 5186(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

与論町の関連キーワード鹿児島県大島郡与論町立長鹿児島県大島郡与論町東区鹿児島県大島郡与論町古里鹿児島県大島郡与論町麦屋鹿児島県大島郡与論町西区鹿児島県大島郡与論町朝戸鹿児島県大島郡与論町那間鹿児島県大島郡与論町茶花与論島礁湖海域公園地区鹿児島県大島郡与論町城鹿児島県大島郡与論町叶サザンクロスセンター与論海岸海域公園地区ヨロンマラソン鹿児島県大島郡与論町の要覧奄美の芭蕉布百合ヶ浜港与論(町)寄付条例

与論町の関連情報