コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

並木正三(2代) なみき しょうぞう

2件 の用語解説(並木正三(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

並木正三(2代) なみき-しょうぞう

?-1807 江戸時代中期-後期の歌舞伎作者。
大坂道頓堀(どうとんぼり)の芝居茶屋生まれる。はじめ浅尾為十郎(ためじゅうろう)門下の役者となり,浅尾正三を名のる。天明7年作者に転じて2代並木正三を襲名。立(たて)作者にまではいたらなかった。文化4年7月25日死去。初名は並木正吉。作品に「けいせい遊山桜(あそやまざくら)」「遠州中山染」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

並木正三(2代)

没年:文化4.7.25(1807.8.28)
生年:生年不詳
江戸中期の歌舞伎狂言作者。大坂道頓堀の芝居茶屋の生まれで,初代の妻の血縁者という。幼名正吉,前名は浅尾正三といい,浅尾為十郎門下の役者であったが,天明7(1787)年11月の大坂大西芝居から作者並木正三として番付にその名を載せている。寛政6(1794)年には大坂中の芝居の立作者となったが,以後は辰岡万作,近松徳三,初代奈河七五三助二枚目作者を勤め,再び立作者となることはなかった。作者としての活躍は乏しく,特記すべきものはない。従来初代並木五瓶の著作とされてきた『戯財録』の作者入我亭我入はこの2代目並木正三かとする説が最近有力であるが確証はない。3代目は明治に入って奈河正作が名乗るが,活躍はみられなかった。<参考文献>『近世芸能論』(日本思想大系61巻)

(北川博子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

並木正三(2代)の関連キーワード狂言作者地狂言奈河亀輔中座歌舞伎狂言並木正三絡繰り芝居大坂太左衛門(4代)堺善平塩屋九郎右衛門(初代)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone