コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中の重 ナカノエ

大辞林 第三版の解説

なかのえ【中の重】

内裏の外郭の内側。建春・宜秋・朔平・建礼の諸門などの内と内郭との間の区域のこと。 → 内の重の重
神社などの、殿舎と中門との間。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

中の重の関連キーワードギルフォード・コートハウスの戦いインテルポラーティオーオサン式(鉱物化学)アンサンブル(音楽)茨城県ひたちなか市吉田文三郎(初代)ニコルソンの浮き秤キブロン湾の戦いがんの放射線療法ディスクリプタ八甲田トンネルサラトガの戦い豊見城(市)赤火バーナーセメンタイト背中の変形天台座主記恭親王奕訢グロムイコ勧修寺経顕

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中の重の関連情報