コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

企業勃興 きぎょうぼっこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

企業勃興
きぎょうぼっこう

広義には資本主義確立期における起業ブームをさす。狭義には 1880年代後半と 90年代後半の起業ブームをいい,前者を第1次,後者を第2次企業勃興と称する。 (1) 第1次起業勃興期は松方デフレ終息の 1886年から約3年間。その直接的契機は物価の安定と低金利政策による金融緩和であった。 85~89年の間に銀行を除く企業数は約 3.2倍,公称資本金は約 3.6倍に増加。そのうち最も資本金が増加した企業は鉄道で,紡績・鉱山がそれに次いだ。鉄道では山陽鉄道,大阪鉄道,北海道炭鉱鉄道,甲武鉄道などが設立された。紡績では大都市商人を中心に三重・鐘淵・天満など一万錘規模の紡績会社が次々と設立され,綿糸生産量は 90年に綿糸輸入量を上回った。鉱山では輸出向けの銅と輸出・燃料用石炭を中心に投資が行われた。このような内容の第1次企業勃興であったが,明治二十三年恐慌によって終息した。 (2) 第2次企業勃興は日清戦争後の 95年後半から 1900年にかけて,鉄道,金融保険,紡績において起った。特徴的だったのは金融逼迫,設備投資需要増のために積極的に外資導入がはかられたことであったが,輸入超過,北清事変による対清貿易の阻害などにより明治三十三年恐慌が起り,ブームは終息した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

企業勃興の関連キーワード伊藤 伝七(10代目)平井六右衛門(12代)伊藤伝七(10代)三井物産(株)日本勧業銀行中外商業新報松方財政甲州財閥

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

企業勃興の関連情報