女絵(読み)おんなえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

女絵
おんなえ

平安時代の文献に散見する絵画用語貴族宮廷の女性たちに愛好された情趣性に富む物語絵をさしたと考えられ,技法的には濃彩作り絵で,『源氏物語絵巻』 (徳川・五島本) のような様式が想定される。なお同時代の文献に現れる「男絵」の語を,様式的に女絵と対立する線がき本位の絵とする解釈もあるが,用語例だけからはその内容を明らかにしえない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おんな‐え〔をんなヱ〕【女絵】

平安時代、男絵(おとこえ)に対して使われた語。情趣に富んだ濃彩の絵をいうとするが、その内容ははっきりしない。一説には、墨がきの絵といい、素人絵のことともいう。
「をかしげなる―どもの、恋する男の住まひなど書きまぜ」〈総角
女をかいた絵。美人画

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おんなえ【女絵】

平安時代の絵画用語。文献上の初出は《蜻蛉(かげろう)日記》で,ここでは男女の恋愛を題材とする浪漫的な画態の絵を指していると推定される。10世紀から11世紀にかけ多くのつくり物語が創作されたが,貴族の女性たちはこれを物語絵や絵物語として読み愛好した。女絵の語は,当初こうした女性自身の手によって描かれ女性好みの優美で情緒的な画態であったところから命名されたものであろう。このころ作られた物語絵はのこらないが,いわば素人の画技の延長上にあった女絵も,専門画人の参加によってしだいに技法的に高められ,12世紀前半には徳川・五島本《源氏物語絵巻》のようなつくり絵の華麗で細密な様式を完成させた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おんなえ【女絵】

平安時代の用語で、貴族の女性たちが愛好した「源氏物語絵巻」などの物語絵のような、情趣に富んだ絵かという。 「 -のをかしきにいとよう似て/紫式部日記」 → 男絵
美人画。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おんな‐え をんなヱ【女絵】

〘名〙
平安時代、特に情趣に富んだ絵。貴族の女性たちが愛好した物語絵にみられる。現存の「源氏物語絵巻」はその洗練された技法を用いたもの。⇔男絵
※蜻蛉(974頃)下「女ゑをかしくかきたりけるがありければ」
② 美人画。
浮世草子好色一代女(1686)一「彼親仁〈略〉女絵を取出し、大かたは是にあはせて抱へたきとの品好み」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の女絵の言及

【絵巻】より

…一本の線で目を描き,鼻は単純な鉤形としながらそこに微妙なニュアンスを持たせ,さまざまな表情を見るものに感じさせるというものである。《源氏物語絵巻》はこうした技法,いわゆる女絵の画態による典型的作品であり,各場面のもつ深い詩的情趣やさらには主人公の心理の表現までも可能としている。これに対し連続式絵巻では,動きのある描線を自由に駆使し,最初にひいた描線を生かしながら,彩色を加えていく技法を用いる。…

※「女絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android