中島雅楽之都(読み)なかしまうたしと

  • 中島雅楽之都 なかしま-うたしと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1896.3.12. 京都
[没]1979.8.17. 東京
地歌箏曲演奏家,作曲者。本名利之。中平福之都に師事,正派生田流を称して独立した。楽譜の使用を提唱し,楽譜の刊行に尽力したほか,宮城道雄中尾都山 (1世)らとともに新日本音楽運動を開始,1956年正派邦楽会を設立。また 1959年には正派音楽院を設立,後進育成にも努めた。作曲に『和歌』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1896-1979 大正-昭和時代の箏曲(そうきょく)家。
明治29年3月21日生まれ。生田流箏曲の河津園江に入門。大正2年正派生田流(のち正派邦楽会)をおこす。のち成和音楽会を結成し,新日本音楽運動をすすめた。昭和34年正派音楽院を設立。昭和54年8月17日死去。83歳。京都出身。本名は利之。著作に「私の見た夢」,作品に「和歌の浦」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android