コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村歌七(5代) なかむら かしち

1件 の用語解説(中村歌七(5代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村歌七(5代) なかむら-かしち

1861-1931 明治-昭和時代前期の歌舞伎役者。
文久元年2月23日生まれ。初代実川八百蔵の門弟。明治2年大阪竹田芝居初舞台。43年浪花(なにわ)座の改築披露で5代歌七を襲名。立役(たちやく),女方,敵役(かたきやく)をかねた。昭和6年3月20日死去。71歳。大坂出身。本名は黒谷梅三郎。初名は実川梅三郎。前名は実川市蔵,黒谷市蔵。俳名は鶴亀。屋号は松鶴屋。別名に中村嘉七(5代)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

中村歌七(5代)の関連キーワード鴻雪年小野重行金子直佐伯芳馬坂湛桜井忠胤清水美山西田敬止橋本実穎林喜右衛門