コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村歌七(5代) なかむら かしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村歌七(5代) なかむら-かしち

1861-1931 明治-昭和時代前期の歌舞伎役者。
文久元年2月23日生まれ。初代実川八百蔵の門弟。明治2年大阪竹田芝居で初舞台。43年浪花(なにわ)座の改築披露で5代歌七を襲名。立役(たちやく),女方,敵役(かたきやく)をかねた。昭和6年3月20日死去。71歳。大坂出身。本名は黒谷梅三郎。初名は実川梅三郎。前名は実川市蔵,黒谷市蔵。俳名鶴亀。屋号は松鶴屋。別名に中村嘉七(5代)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中村歌七(5代)の関連キーワード歌舞伎役者

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android