コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村歌七(5代) なかむら かしち

1件 の用語解説(中村歌七(5代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村歌七(5代) なかむら-かしち

1861-1931 明治-昭和時代前期の歌舞伎役者。
文久元年2月23日生まれ。初代実川八百蔵の門弟。明治2年大阪竹田芝居初舞台。43年浪花(なにわ)座の改築披露で5代歌七を襲名。立役(たちやく),女方,敵役(かたきやく)をかねた。昭和6年3月20日死去。71歳。大坂出身。本名は黒谷梅三郎。初名は実川梅三郎。前名は実川市蔵,黒谷市蔵。俳名は鶴亀。屋号は松鶴屋。別名に中村嘉七(5代)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村歌七(5代)の関連キーワードドイツ映画ダイハツ三輪車第1号車(HA型)谷川岳炭酸塩岩脈文久カナダ文学ブルボン朝井上財政満州事変ムラヴィヨーフ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone