コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村清五郎(2代) なかむら せいごろう

1件 の用語解説(中村清五郎(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村清五郎(2代) なかむら-せいごろう

1679-1717 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者・作者。
延宝7年生まれ。中村明石清三郎の門下の役者だったが,中村伝七の門にはいり作者に転じる。宝永4年2代を襲名。正徳(しょうとく)4年の絵島・生島の事件に連座して神津島に流され,享保(きょうほう)2年9月18日病没。39歳。前名は中村玄之助。俳名は雀子。作品に「女帝愛護若」「中将姫京雛」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村清五郎(2代)の関連キーワード一木権兵衛松意高政越後騒動雑喉場大岡清相備後国在日米軍の軍属白井権八人身保護律

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone