コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中沢臨川 なかざわりんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中沢臨川
なかざわりんせん

[生]1878.10.28. 長野
[没]1920.8.10. 東京
評論家。本名は重雄。東京大学工学部在学中,窪田空穂,小山内薫らと『山比古』を刊行。フランス,ドイツ,ロシアの自然主義文学を紹介した『自然主義汎論』 (1910) などの評論を発表ののち,文明評論,社会評論へと進み,『旧き文明より新しき文明へ』 (1915) ,『新社会の基礎』 (1920) などを書いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中沢臨川 なかざわ-りんせん

1878-1920 明治-大正時代の文芸評論家。
明治11年10月28日生まれ。塩沢幸一の兄。東京帝大工科大学在学中,窪田空穂(くぼた-うつぼ)らと「山比古(やまびこ)」を発行。卒業後,鉄道技師をへて,松本市で電気会社経営のかたわら海外の思想・文学の紹介,解説につとめた。実家は養命酒醸造元。大正9年8月9日死去。43歳。長野県出身。旧姓は塩沢。本名は重雄。著作に「自然主義汎論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中沢臨川

没年:大正9.8.9(1920)
生年:明治11.10.28(1878)
明治大正期の評論家。旧姓塩沢,本名重雄。長野県生まれ。東京帝大工学部を卒業した異才で,西洋文学を愛しロシア文学に親しむ。国木田独歩ら多くの文学者と交友,『自然主義汎論』(1910)は西欧の自然主義を総括的に論じ,その学識の幅を示している。評伝『トルストイ』(1913)を出し,関心はW.ジェイムス,ベルグソン,オイケンなどにもおよび,論文集『破壊と建設』(1914)を得た。文明批評におよぶ評論活動は,いかにも大正初期の時代性を示している。晩年は精神中心の世界観を展開し,『旧き文明より新しき文明へ』(1915)や小説『嵐の前』(1921)を著した。

(中島国彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

なかざわりんせん【中沢臨川】

1878~1920) 文芸評論家。長野県生まれ。本名、重雄。東大卒。文明史的観点から、西欧自然主義やプラグマティズムなどを解説・紹介。著「旧き文明より新しき文明へ」「正義と自由」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

中沢臨川の関連キーワードプラグマティズムBergson鬢華集没年中沢

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android