コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中沢臨川 なかざわりんせん

5件 の用語解説(中沢臨川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中沢臨川
なかざわりんせん

[生]1878.10.28. 長野
[没]1920.8.10. 東京
評論家。本名は重雄。東京大学工学部在学中,窪田空穂小山内薫らと『山比古』を刊行。フランスドイツロシア自然主義文学を紹介した『自然主義汎論』 (1910) などの評論を発表ののち,文明評論,社会評論へと進み,『旧き文明より新しき文明へ』 (1915) ,『新社会の基礎』 (1920) などを書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なかざわ‐りんせん〔なかざは‐〕【中沢臨川】

[1878~1920]評論家。長野の生まれ。本名、重雄。19世紀後半の西欧文芸・思想を紹介。評論「鬢華(びんげ)集」「破壊と建設」、評伝「トルストイ」「ベルグソン」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中沢臨川 なかざわ-りんせん

1878-1920 明治-大正時代の文芸評論家。
明治11年10月28日生まれ。塩沢幸一の兄。東京帝大工科大学在学中,窪田空穂(くぼた-うつぼ)らと「山比古(やまびこ)」を発行。卒業後,鉄道技師をへて,松本市で電気会社経営のかたわら海外の思想・文学の紹介,解説につとめた。実家は養命酒醸造元。大正9年8月9日死去。43歳。長野県出身。旧姓は塩沢。本名は重雄。著作に「自然主義汎論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中沢臨川

没年:大正9.8.9(1920)
生年:明治11.10.28(1878)
明治大正期の評論家。旧姓塩沢,本名重雄。長野県生まれ。東京帝大工学部を卒業した異才で,西洋文学を愛しロシア文学に親しむ。国木田独歩ら多くの文学者と交友,『自然主義汎論』(1910)は西欧の自然主義を総括的に論じ,その学識の幅を示している。評伝『トルストイ』(1913)を出し,関心はW.ジェイムス,ベルグソン,オイケンなどにもおよび,論文集『破壊と建設』(1914)を得た。文明批評におよぶ評論活動は,いかにも大正初期の時代性を示している。晩年は精神中心の世界観を展開し,『旧き文明より新しき文明へ』(1915)や小説『嵐の前』(1921)を著した。

(中島国彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なかざわりんせん【中沢臨川】

1878~1920) 文芸評論家。長野県生まれ。本名、重雄。東大卒。文明史的観点から、西欧自然主義やプラグマティズムなどを解説・紹介。著「旧き文明より新しき文明へ」「正義と自由」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中沢臨川の関連キーワード片上伸後藤宙外評論家大井広介上野葉子江藤文夫坂西志保関如来藤枝丈夫虫明亜呂無

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone