中西 悟堂(読み)ナカニシ ゴドウ

20世紀日本人名事典の解説

中西 悟堂
ナカニシ ゴドウ

大正・昭和期の僧侶,歌人,詩人,野鳥研究家 日本野鳥の会名誉会長;天台宗権僧正;国際鳥類保護会議終身日本代表。



生年
明治28(1895)年11月16日

没年
昭和59(1984)年12月11日

出生地
石川県金沢市長町

別名
幼名=富嗣,旧筆名=中西 赤吉(ナカニシ シャクキチ)

学歴〔年〕
天台宗学林修了,曹洞宗学林〔大正6年〕修了

主な受賞名〔年〕
日本エッセイストクラブ賞(第5回)〔昭和32年〕「野鳥と生きて」,紫綬褒章〔昭和36年〕,読売文学賞(第17回・研究翻訳賞)〔昭和40年〕「定本野鳥記」,日本歌人クラブ推薦歌集(第14回)〔昭和43年〕「悟堂詩集」,勲三等旭日中綬章〔昭和47年〕,文化功労者〔昭和52年〕

経歴
明治44年16歳の時、東京都下深大寺で得度し天台宗僧徒となり悟堂と改名。昭和42年権僧正となる。一方、大正4年内藤鋠作の抒情詩社に入社。詩や小説を手がけたが、15年思想状況への懐疑から山中にこもる。昭和3年頃より野鳥と昆虫の生態を研究し始め、9年柳田國男らと日本野鳥の会を創設。以来50年間、“かごの鳥”追放はじめ愛鳥運動と自然保護一筋の人生で、鳥類保護法の制定にも一役買い、晩年は“野鳥のサンクチュアリ(聖域)”造成に情熱を燃やした。永年務めた日本野鳥の会の会長は55年に辞任、翌年名誉会長となったが、この間、国際鳥類保護会議日本代表、日本鳥類保護連盟専務理事などもつとめた。詩人、歌人としても知られ、詩集に「東京市」「花巡礼」「山岳詩集」「叢林の歌」、歌集に「唱名」「悟堂歌集」などがある。ほかに「野鳥と生きて」「定本野鳥記」(全16巻)「野鳥と共に」など野鳥や自然に関する著書が数多くある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

中西 悟堂 (なかにし ごどう)

生年月日:1895年11月16日
大正時代;昭和時代の僧侶;野鳥研究家。日本野鳥の会会長;天台宗権僧正
1984年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中西 悟堂の関連情報