コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹殻染 たんがらぞめ

百科事典マイペディアの解説

丹殻染【たんがらぞめ】

熱帯の海岸に生育するヒルギ紅樹)の樹皮を乾燥させ煎(せん)じた液を染料にして布地織糸を染めたもの。媒染剤により色が異なり,灰汁(あく)では赤茶色,ミョウバンでは黄茶色などとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

丹殻染の関連キーワード熱帯

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android