丹殻染(読み)たんがらぞめ

百科事典マイペディアの解説

丹殻染【たんがらぞめ】

熱帯の海岸に生育するヒルギ紅樹)の樹皮を乾燥させ煎(せん)じた液を染料にして布地織糸を染めたもの。媒染剤により色が異なり,灰汁(あく)では赤茶色,ミョウバンでは黄茶色などとなる。堅牢(けんろう)で多く沖縄で麻布や漁網染に使用されるが,藍(あい)染に赤みをもたすための下染に用いたりする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たんがら‐ぞめ【丹殻染】

〘名〙 丹殻で染めること。またその染めたもの。丹殻の煎汁に布をひたし、しぼって石灰に通すと赤茶色に染まる。
仮名草子・東海道名所記(1659‐61頃)二「手足に(べに)をさし、紋をこそつけねど、たんがら染」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android