コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指導主事 しどうしゅじ

6件 の用語解説(指導主事の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

指導主事
しどうしゅじ

教育委員会の事務局におかれる職員の一つ。上司の命を受けて学校の教育課程学習指導,その他学校教育に関する専門的な指導事務に従事する。教育長の推薦により教育委員会が任命するが,教育に関する識見,職務についての教養と経験をもたなければならないとされ,大学以外の公立学校教員が任命されることが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しどう‐しゅじ〔シダウ‐〕【指導主事】

教育委員会事務局に置かれる専門職員。教員に対して専門的な助言と指導を与えることを任務とする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

指導主事【しどうしゅじ】

教育委員会所属の教育専門職の一つ。校長や教師に助言や指導を与え,教育活動を効果的にするのがその役割。教育長の推薦により教育委員会が任命し,大学以外の公立学校の教員をこれに当てることができる。
→関連項目教育公務員

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しどうしゅじ【指導主事】

教育委員会に置かれる職員で,学校の教育課程,学習指導その他学校教育に関する専門的事項の指導に関する仕事に従事する者をいう。なお,これには,教員身分のままで指導主事の職務を行う者もあり,これを〈あて指導主事〉という(教育委員会に勤務するが,その事務局職員ではない)。指導主事は,第2次大戦前のこれに相当する視学制度を否定して設けられたものである。すなわち,戦前の〈視学〉が教育内容と教育人事・身分を権力的に監督したのに対し,指導主事は〈教員に助言と指導を与える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しどうしゅじ【指導主事】

学校教育の向上・改善のため、専門的な事柄の指導・助言に当たる教育委員会の職員。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

指導主事
しどうしゅじ

学校における教育課程、学習指導その他学校教育に関する専門的事項の指導に関する事務に従事する専門的教育職員。教育委員会の事務局に置かれている。市町村では置いていないことが多いが、都道府県の場合には必置となっている。一般職の地方公務員の身分を有する者と、公立学校教員の身分のまま指導主事の職務を行う者(充(あ)て指導主事)がある(地方教育行政の組織及び運営に関する法律第19条)。
 指導主事制度は第二次世界大戦前の視学制度に対する批判と反省を踏まえて戦後新たに設けられた。指導主事は監督的、統制的な視学と異なり、教員の人事に関与せず、もっぱら教員の相談相手として専門的な助言と指導を行うことになった。したがって教育委員会法(1948年制定)は「命令及び監督をしてはならない」と明記していた。しかし1956年(昭和31)に制定された「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」ではこの文言はなくなり、しかも「上司の命を受け」という文言が加わった。また、当初は専門的指導助言の質を確保するために指導主事免許状が設けられ、その後、任用資格制度がとられたが、今日では明確な資格制度はない。56年以降統制的性格が強まってきたといわれるが、指導主事の本来の役割は、教員に対する非権力的な専門的指導助言にあることは変わりない。[高橋寛人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

指導主事の関連キーワード教育委員会教育委員会法教育公務員教育長教科書の採択学校運営協議会制度教育委員長と教育長中教審の教育委員会見直し案学校教育の水準の維持向上のための義務教育諸学校の教育職員の人材確保に関する特別措置法教育委員会(米)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

指導主事の関連情報