コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久留美荘(読み)くるみのしょう

百科事典マイペディアの解説

久留美荘【くるみのしょう】

播磨国美嚢(みなぎ)郡にあった荘園で,現在の兵庫県三木市久留美を中心とする一帯に比定。具留美などとも書く。鎌倉〜南北朝期には九条家領,その後は奈良春日社領。14世紀初頭には定田75町3反余で,年貢82石余が海路九条家へ運ばれた。1308年当荘近行名は地頭和与中分となり,1333年には利松名に対する地頭乱妨が停止されている。1339年九条房実の子,大乗院門跡孝覚は当荘を春日社へ寄進した。その後も地頭による蚕食は続き,1447年には春日社は直務を幕府に訴えている。戦国大名別所氏の台頭によって領国化され,荘園としての実体は失ったとみられるが,1570年ころまでは存在が認められる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くるみのしょう【久留美荘】

播磨国美囊郡にあった大乗院・春日社領荘園で,現在の兵庫県三木市久留美を中心に長屋跡部に及ぶ地域を占める。1305年(嘉元3)の領家方年貢米散用状によれば定田75町3反余で,真清名は地頭が年来押領し,長屋は地頭と中分,跡部は地頭請所になっており,定米82石7斗余の年貢は海路より奈良に運ばれたという。近行名は08年(延慶1)地頭と和与中分が行われており,33年(元弘3)には利松名の地頭の濫妨を止める後醍醐天皇綸旨(りんじ)が出されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android