コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久米の仙人 くめのせんにん

2件 の用語解説(久米の仙人の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

久米の仙人【くめのせんにん】

伝説の仙人。天平年間,大和国吉野郡竜門寺で飛行術を学んだが,吉野川で洗濯する女の白いはぎを見て欲心を起こし,通力を失って墜落。のち高市遷都の際,潔斎して通力を回復,巨材を運んだので天皇から免田30町を賜り,久米寺を開いたという。
→関連項目久米寺

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くめのせんにん【久米の仙人】

古代に伝承された仙人。《今昔物語集》巻十一によれば,昔,大和の国吉野に竜門寺という寺があり,安曇(あずみ)と久米の2人が仙術を修行していた。久米が飛行の術をえて空を飛び渡るとき,吉野川の岸で若い女が洗濯をしており,その白い〈はぎ〉を目にしたため彼は通力を失って落ちてしまう。久米はこの女を妻にし俗人として暮らしていたが,新都造営の人夫となり働くうち元仙人ということが伝わり,仙力で材木を空から運ぶよう命じられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

久米の仙人の関連キーワード宇治拾遺物語今昔物語集民間伝承マニプリ一角仙人家記昔物語今昔物語『今昔物語集』妙尊

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone