乗合自動車(読み)のりあいじどうしゃ

精選版 日本国語大辞典「乗合自動車」の解説

のりあい‐じどうしゃ のりあひ‥【乗合自動車】

〘名〙
一定路線を運行し、一定の運賃不特定の乗客をのせて走る大型の自動車乗合。乗合バス。バス。
※風俗画報‐三五七号(1907)人事門「新聞記者等約五百名を日比谷公園に招待して、乗合自働車(ノリアヒジドウシャ)を試乗せり」
② タクシーをいう。〔訂正増補新らしい言葉の字引(1919)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「乗合自動車」の解説

のりあい‐じどうしゃ〔のりあひ‐〕【乗合自動車】

一定の運賃で不特定の旅客を乗せ、定まった路線を運行する大型の自動車。バス。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android