観覧車(読み)カンランシャ

デジタル大辞泉の解説

かんらん‐しゃ〔クワンラン‐〕【観覧車】

遊園地などにある乗り物の一。巨大な水車形の、ゆっくり回転する骨組みにつるしたゴンドラに乗り、高い位置からの展望を楽しむ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんらんしゃ【観覧車】

ゴンドラを緩やかに回転させる大型遊戯機械。起源はかなり古く,17世紀前半,10個のブランコをつるした二重の人力で回転させるブルガリアの遊びのスケッチが残っており,18世紀初頭には,モスクワのイズマイロフ公園に,農奴で回転させるものがあらわれた。電力が用いられたのは,1893年アメリカのシカゴ万国博覧会に設置された〈フェリス・ホイールFerris wheel〉が最初である。設計者フェリスGeorge W.Gale Ferris(1859‐96)にちなんで名付けられたものだが,直径75m,36のゴンドラに2160人の収容能力をもつ大観覧車であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんらんしゃ【観覧車】

水車風の大きな輪に、見物客を乗せる箱をつるし、輪を動力で動かして高い所からの眺めを楽しませる装置。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんらん‐しゃ クヮンラン‥【観覧車】

〘名〙 大きな水車風の車輪の周辺に、見物客を乗せる多くのをつるし、動力でしだいに高い所に移動させ、眺めを楽しませる装置遊園地などに多く設ける。
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一四「観覧車(クヮンランシャ)を発明したものは皮肉な哲学者である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

観覧車の関連情報