コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九津見房子 くつみ ふさこ

2件 の用語解説(九津見房子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

九津見房子 くつみ-ふさこ

1890-1980 大正-昭和時代前期の社会運動家。
明治23年10月18日生まれ。大正10年近藤真柄(まがら)らと初の社会主義女性団体の赤瀾(せきらん)会を結成。三田村四郎と再婚。昭和2年から共産党の運動にはいり,三・一五事件,ゾルゲ事件で検挙され,通算10年におよぶ獄中生活をおくった。昭和55年7月15日死去。89歳。岡山県出身。岡山高女中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

くつみふさこ【九津見房子】

1890‐1980(明治23‐昭和55)
婦人運動家。岡山県生れ。16歳で家出し上京,福田英子宅に住み《世界婦人》の編集を手伝った。初婚に破れたのちふたたび社会主義運動に入り,1921年赤瀾会の設立世話人となった。三田村四郎と再婚後,大阪で労働組合運動に従事,27年共産党の活動に入り,三・一五事件で検挙,治安維持法違反で懲役4年に処された。出獄後は転向者の救援活動を行うが,続いてゾルゲ事件に連座,41年から敗戦まで入獄。【江刺 昭子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

九津見房子の関連キーワード紺谷光俊山科政一東山千栄子麻布大学角田覚治加藤きん金易二郎三浦保行向井長年山崎喜作

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone