コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九津見房子 くつみ ふさこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

九津見房子 くつみ-ふさこ

1890-1980 大正-昭和時代前期の社会運動家。
明治23年10月18日生まれ。大正10年近藤真柄(まがら)らと初の社会主義女性団体の赤瀾(せきらん)会を結成。三田村四郎と再婚。昭和2年から共産党の運動にはいり,三・一五事件,ゾルゲ事件で検挙され,通算10年におよぶ獄中生活をおくった。昭和55年7月15日死去。89歳。岡山県出身。岡山高女中退。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くつみふさこ【九津見房子】

1890‐1980(明治23‐昭和55)
婦人運動家。岡山県生れ。16歳で家出し上京,福田英子宅に住み《世界婦人》の編集を手伝った。初婚に破れたのちふたたび社会主義運動に入り,1921年赤瀾会の設立世話人となった。三田村四郎と再婚後,大阪で労働組合運動に従事,27年共産党の活動に入り,三・一五事件で検挙,治安維持法違反で懲役4年に処された。出獄後は転向者の救援活動を行うが,続いてゾルゲ事件に連座,41年から敗戦まで入獄。【江刺 昭子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

九津見房子の関連キーワード九津見 房子橋浦はる子山本宣治宮城与徳

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android