コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳房痛と対策 にゅうぼうつうとたいさく

1件 の用語解説(乳房痛と対策の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

にゅうぼうつうとたいさく【乳房痛と対策】

 乳房の病気による乳房痛は、おのおのの項目を参照していただくこととして、ここでは生理的な乳房痛とその対策について解説します。
 月経のある女性の乳房が、月経周期の黄体期(おうたいき)後半から月経期にかけて痛んだり、軽く張ったりすることがあります。この乳房痛は月経前緊張症(げっけいぜんきんちょうしょう)(「月経前緊張症」)の症状の1つで、乳房痛のほかに、精神的な動揺、いらいら、うつなどの精神状態めまい、ふらつき、頭痛などの自律神経症状、むくみといった症状を合併することが多いものです。ただ、こうした症状は月経が始まると消えます。乳房にしこりができることはありませんが、乳房の外側の広い範囲の乳腺(にゅうせん)が肥厚(ひこう)することがあります。
 乳房痛は、卵巣(らんそう)から分泌(ぶんぴつ)されるエストロゲン黄体ホルモンの作用で、乳腺の細胞が増殖するためにおこるものです。閉経後の女性には、おこりません。
 黄体ホルモン剤男性ホルモン剤の内服が有効ですが、長期の服用はよくありません。利尿薬のほか、乳腺に作用するプロラクチンホルモンの分泌を抑える麦角(ばっかく)製剤といった薬剤の内服も、痛みをやわらげるのに効果があります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

乳房痛と対策の関連キーワード女性化乳房乳房雲乳房各方差乳CMTテスト女性型乳房乳房炎乳乳房炎 (mammitis, mastitis)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone