コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳親 チオヤ

デジタル大辞泉の解説

ち‐おや【乳親】

母親の代わりに乳を飲ませて子を育てる女。うば。めのと。
実母より先に新生児を飲ませて仮の親子関係を結んだ人。乳飲み親乳代(ちしろ)。乳付け親

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

乳親【ちおや】

乳付親とも。最初の授乳の際,母親に代わって乳を飲ませる女性。普通,異性の子をもつ人が選ばれた。乳母のように養育することはないが,乳親の子と乳子の間には乳兄弟の関係が生まれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ちおや【乳親】

母親の代わりに赤子に乳を飲ませて育てる女。うば。めのと。
生まれた子供に、実母より先に儀礼的に乳を与える女性。乳付け親。乳飲み親。乳代ちしろ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乳親
ちおや

乳母」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乳親
ちおや

初の授乳に他人の乳を用いる習俗があり、その人を仮の親とたてたもの。乳付親(ちつけおや)、乳飲親(ちのみおや)ともいう。男児には女児の母を、女児には男児の母を迎える風がある。生命の源泉である授乳を縁にして、乳親の特別な保護のもと、新生児の無事な成長を願う呪術(じゅじゅつ)的な意味がみられる。名付け親、拾い親などと同じく乳親についても、あとあとまで親子の交際を続けた。[竹田 旦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の乳親の言及

【乳母】より

…乳母の制度のあるところでは,一般に支配者一族,ことに哺育された子どもと,乳母やその家族との間に緊密な主従関係がかためられていた。乳母と哺育された子との間に乳親族関係が生ずることも少なくない。北カフカスのアブハジア族では,出産後2~3日は母が授乳し,あとは乳母にあずけられる。…

※「乳親」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

乳親の関連キーワード竹田女児うば赤子

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android