乾湿運動(読み)かんしつうんどう(英語表記)hygroscopic movement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乾湿運動
かんしつうんどう
hygroscopic movement

植物組織が水分の増減によって動く運動セルロースからなる細胞壁が,水分を吸収して膨化したり,乾燥して収縮したりすることによって物理的に起こる。マツの球果が開くこと,マメのさやが裂開すること,スギナ胞子胞子嚢(→胞子嚢群)から出ることなどが典型例である。植物体の死後にも生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かんしつうんどう【乾湿運動】

植物の運動の一。死細胞の細胞壁が空気の乾湿に応じて膨らんだり収縮したりする物理的運動。マメ科植物の果実、シダ植物の胞子囊のうの開裂など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乾湿運動
かんしつうんどう

死んだ細胞の細胞壁の吸湿または乾燥によっておこる純物理的運動。膨潤(ぼうじゅん)運動ともいう。莢(さや)(さく)などの果実が列開する場合とか、スギナ胞子の弾糸(だんし)の運動、野生エンバク種子の芒(のぎ)のねじれ運動などがこれである。吸湿による膨潤や乾燥による収縮の方向は、細胞壁を構成するセルロース・ミセル(セルロースを構成する微結晶粒子)の配列状態で決められる。すなわち、伸縮は各ミセルの軸に対して直角の方向におこる。したがって、たとえばマメ科植物の莢では繊維細胞の細胞壁ミセルは斜めに配列し、外表皮のものは縦に配列しているため、収縮に際してねじれを生じる。[勝見允行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かんしつ‐うんどう【乾湿運動】

〘名〙 植物の死細胞の細胞膜が外気の湿度の変化によって膨張したり収縮したりする物理的な運動。種子植物裂果(れっか)や袋果(たいか)が湿度の低い時は開き、高くなると閉じるのはその例。吸湿運動。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android